2017.08.18 Friday

とんかつ

0

    とんかつ大好きで、とんかつ屋さんめぐりをしています。

    肉の質、あげ油の質、温度、奥が深い料理だと思います。

    前にもブログにで書きましたが、日本では焼肉やしゃぶしゃぶで豚肉を食べることが多いのでテーブルミートといわれる脂の乗ったきめの細かい豚肉に改良されてきました。一方EU方面ではハムやベーコンに加工して豚肉を消費していますので豚肉もバラの薄い改良となっています。昨今仔豚をたくさん産むように改良された豚が日本にも多く導入され見かけるようになりました。ロースも長く、とんかつにするにも枚数が多くとれるようになっています。下のほうの画像にのせますが切った時の大きさが均等でなく、端が小さくなった豚かつがそういった肉だと思います。とんかつはやはり脂がのったほうがおいしいのではと思います。

     

     

    上から3食が私の豚のお肉です。どこも有名店ですがそれぞれのお店でみなさん工夫をして違った揚げ方です。

     

    リブロース寄りのとんかつ。ジャガードを使わず柔らかくふっくらとあがっています。

     

     

    これもリブロース寄り。ラードであげてあります。

     

     

     

     

    薄めのとんかつですが柔らかく素材の肉が引き立ちます。

    蕎麦屋のとんかつです。

     

     

     

     

    サーロイン寄りのころも厚め。よく肉と衣がはがれないのを売りにしているとんかつ屋さんもありますが私は気にしませんが。

     

     

     

     

    これもサーロイン寄りの脂少なめの部位。バラ先が小さくなっています。肉のきめも粗めかな?

     

     

    BSTBSで毎月「東京とんかつ会議」という番組をやっています。

    毎回楽しみに見ています。

    先月本が出たので早速買って読んでみました。いろんなお店もあり奥が深いですね〜

    出ている何件かには伺ったことはあります。東京に行くときはとんかつ屋さんを梯子してます。

     

    ここの画像にはありませんが納品先の船橋の「とんかつ栄ちゃん」さんは今月、フランスでとんかつをあげてきたようです。豚かつもグローバルになってきました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック